東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

コピー機・複合機リースについて

オフィスの起業・開業の方にオススメ!!リース契約のメリット

  1. メリット1 導入費用が抑えられる!
  2. メリット2 リース料は経費で計上できる!!

会社を立ち上げたばかりで、コピー機・複合機が必要とは言え、設備に投資するより別に資金を回したいとお考えの方におすすめなのが、リース契約です。

コピー機のリースっていくらするの?料金相場のポイントをチェック

実際に新品で購入しようとすると100万円を軽く超えてしまうコピー機や複合機。初めて複合機を導入する企業は頭を悩ますことも多いのではないでしょうか?リースと初期費用が抑えられるなどの価格面でのメリットもあるため、多くの企業はコピー機をリースで導入しています。
では一体、1ヶ月のリース料金の平均相場はどれくらいなのでしょうか?

1ヶ月のリース料金の平均相場は10,000円~20,000円が多い!

【グラフ】弊社リース契約における利用料金 10,000円~43% 20,000円~31%

1ヶ月のリース料金の平均相場の多くは10,000円台が43%ともっとも多く、続いて20,000円が31%と多くなっています。
これらを足した合計で複合機・コピー機をご利用のお客様の多くは10,000円~30,000円、約72%と大半の割合を占めていることになります。
ではコピー機のリース料金はどのようにして決められているのでしょうか?

コピー機のリース料は機能や性能により料金が変わる!

  • 印刷速度
    リース料は変わる

    複合機のリース料金の多くは、コピー機の性能で決まります。

    性能の中でも印刷速度はA4サイズで1分間にどれくらいの数が印刷できるか…つまり、機種のスペックが高いか低いかによって大幅に変わります。
    例えば1分間に最大20枚刷れる複合機だと機種のスペックが低く設定されているため、リース料は安くなります。
    複合機の選び方のポイントは、会社や部署がどれくらいの枚数を印刷するか「月間印刷枚数」を想定して機種を選ぶことが大事なポイントなのです。
    もちろん、1分間に最大刷れる枚数が多いほど、スペックが高いと言え、リース料も高くなることは覚えておくと良いでしょう。

    【図】コピー機の性能(印刷速度)
  • カウンターによって
    リース料は変わる

    カウンターとはコピー機の保守方式の一つです。
    カウンター方式は1枚印刷するのに費用が発生します。
    つまり、印刷した枚数分だけ使用料が発生し、リース料金の一部として加算されます。
    その使用料の中にトナー代や修理費用、出張費、部品代、定期メンテナンス代など保守も含まれるのがカウンターの特徴になります。
    当然、たくさん印刷する人の方が使用料が高くなる為、リース料も高くなるというわけです。
    カウンター料金に関する悩みや疑問は弊社までお問い合わせ下さい。

  • カラーモノクロかによって
    リース料は変わる

    ご存知の方も多いと思いますが、カラーかモノクロかによってもカウンター料金は変わってきます。業者のカウンター料金の設定によっても異なりますが、基本、カラー印刷の方が十円単位とモノクロは1円単位で設定されています。
    カラーを多く印刷すればするほどリース料金も高くなります。ご利用用途にもよりますが、モノクロ印刷のみ可能な機種を選ぶという選択肢もあります。

リース料金からオススメするコピー機はこちら

再リースはおトク?

リース契約の期間が満了になった場合、再リース(延長契約)を組むことが可能です。しかも、リース料1ヶ月分で1年間おトクに使用ができます。しかし、再リースにもメリットとデメリットがあるため注意が必要です。

リース料が大幅に下がる!

なぜそんなに安く再リースが可能かというと、複合機は5年を代金の支払い基準としているため、5年間リース料を払えば、それ以降誰も損はしないようになっています。

使い慣れたコピー機を
そのまま使用できる!

再リースを止めて、新たな機種をリースとして再契約すると、メーカー性や機能、仕様などが変わります。
使い慣れたコピー機を使用したい方は再リースが良いかもしれません。

経年劣化による故障の可能性が高くなる

使用期間が5年を過ぎると、故障の可能性が高まります。さらにメーカーの補修部品の保有期限は一般的に7~8年のため、部品が無く修理できないという事態も起こり得ます。

コピー機が新しいOSに対応できなくなる

コピー機本体が故障しなくても、更新されていくコンピュータのOSにコピー機が対応しなくなるといった事態が生じることもあります。

コピー機.comなら人気A3複合機がスペシャルプライス!!月額リース料3,200円~ さらに
初期導入費用も0円〜!+コピー用紙2年分プレゼント!

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

リース契約とは

リース契約とは、「お客様が必要とするコピー機・複合機やビジネスフォン、セキュリティシステム等の機械や設備をお客様に代わってリース会社が購入し、一定の期間にわたりリース料を受ける事を条件に、その物件を賃借すること」です。

リース契約のしくみ

1.商品の決定・依頼 2.リース契約 3.売買契約 4.リース料支払い 5.物件代金支払い 6.商品納品・アフターフォロー等

お客様はリース会社へ月々のリース料金を支払いその機器を借りる契約となります。
また、火災や盗難などによってリース中の物件が破損してしまった場合でも保険の適用により、修理もしくは新しい物件への変更が可能です。

リース期間とリース会社

お客さまからリース期間や対応しているリース会社に対するお問い合わせが多くあります。リース期間はどこの業者も基本3年~6年ですが、提携リース会社についても、業者によって違いがあります。

リース契約期間
3年~6年(基本5年60回払い)
当サイトの提携リース会社代表例
  • 株式会社クレディセゾン
  • オリックス株式会社
  • 株式会社オリコビジネスリース
  • ジャックスリース株式会社

リースの審査基準

リースの審査を通過するには、まず、会社とその代表者にローンやクレジットカードの利用停止などの滞納が一切ないことと、多少なりとも長く会社を経営していることが前提です。
ここさえ問題なければほぼ審査は通ると言われています。

ローンやクレジットカードの
利用停止はNG!

リース会社は基本は会社の信用を見ています。会社や代表取締役にローンやクレジットカードの利用停止は支払いが出来るか出来ないかの判断にもなります。

個人事業主やフリーランス
の方でもリースが可能です!

会社を経営している人以外にも個人事業主様やフリーランスの方でも、収入があるのなら複合機を導入することが可能です。

年齢により連帯保証人
必要になる場合も!?

20代前半や70代でのリースは、大きな会社を経営している場合などを除いて、支払いが出来るか否かの判断が難しく、連帯保証人が必要になる場合があります。

新規で会社を起業した場合
経営の実態を証明する!

上記リースの審査基準に「多少なりとも長く会社を経営している」と記載していますが、複合機を新規導入する方の中には、会社を経営し始めたばかりの方や間もない方も多くいます。

新規で会社を起業した場合でも複合機のリース契約は可能です。そのために、経営の実態を証明するため「開業届出書」や「賃貸契約書」などを提出するとリース審査を通過する可能性は高くなると言われています。

リース契約のメリット、デメリット

コピー機・複合機は新設の会社であっても必須の設備となります。
初期費用として多額の投資が必要となる為、導入するのが難しいと考えている企業でもリースなら初期費用をかけずに導入する事ができます。もちろんリース料金は経費として全額処理できて、ランニングコストとして費用も把握出来る為、コピー機・複合機を導入する場合、企業の大半がリースで導入するケースが多くなっております。

少ない費用で導入が可能

設備投資としてコピー機・複合機を導入する際に一括契約の場合は初期費用として多額の資金が必要となる場合がありますが、リース契約であれば導入時でも多額の資金を必要としないので、留保された資金を他の事業計画で運用する事ができます。

リース料は経費で処理できる

コピー機・複合気の導入の際に算定されたリース料は、税務上全額経費処理できるので一括購入に比べ会計上でメリットがあります。

コストが把握しやすいので
事務処理の負担を軽減できる

リースで契約の場合リース料金は月々決められた額での支払いになるので、減価償却費・支払利息・固定資産税・保険料などの計算による財務・経理等の事務負担を軽減できます。

所有権がリース会社

リースの場合、物件の所有権はリース会社になりますのでリース終了の際にはリース会社へ物件の返却もしくは、再リースで利用を続ける事になります。

途中解約ができない

リース契約をした場合、仮に企業側に状況の変化がありコピー機が不要になったとしても期間満了までは途中解約する事はできません。

支払い総額が割高になる

コピー機・複合機をリース契約すると、リース料の料率がかかる為、一括購入する場合と比べると支払い総額が割高になります。

会社でコピー機、総合機を導入するならリースの方が《断然》メリットがあります!一括購入の場合…

一括購入のメリット、デメリット

コピー機・複合機を導入する場合、一括購入で導入する事も可能です。
導入費として多額の費用が必要となりますが、一括購入の場合はリースと比べると支払総額の費用は安くなります。
年度末など、予算に余剰分がある場合は一括購入で導入されるケースもあります。

自己所有になる

リース契約の場合、リース期間が終了すると物件をリース会社へ返却するか再リースとして引き続き物件を使用するかのどちらかとなります。
一括購入であれば自己所有となるので契約年数などで縛られる事もなく使用する事ができます。

コピー機・複合機の
支払総額が安い

リースで導入した場合、コピー機・複合機の本体代金にリース料率を掛けた費用をリース会社へ毎月支払う事になります。
一括購入の場合は、リース料率がかからない分コピー機・複合機自体の代金が安くなります。

初期の一括購入費用が
必要になる

一括購入の場合、コピー機の本体代金及び搬入設置費用、初期設定費用など多額の初期費用が必要となります。
新規立ち上げの会社様などでは、コピー機・複合機は必須の設備投資なので一括購入となるとかなりの負担となります。

固定資産税がかかる

自己所有の場合は固定資産税がかかり費用が発生する他にも、税務処理も必要となり、事務処理担当者の負担も大きくなります。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話
コピー機・複合機の再リースは現在の利用状況や情報収集してからの判断が大切!
再リースのご質問・ご相談はコピー機.comにおまかせ!

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

コピー機・複合機の
メンテナンス・提案可能エリア

コピー機ドットコムはメンテナンス・提案可能エリア全国対応!

お住まいの地域で、お申込み、電話工事や訪問営業が可能なエリアが異なります。お住まいの都道府県をご選択ください。

北海道・東北エリア
  • 北海道
  • 青森県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 岩手県
  • 福島県
  • 秋田県
北陸・信越エリア
  • 新潟県
  • 長野県
  • 福井県
  • 富山県
  • 石川県
北関東エリア
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 山梨県
首都圏エリア
  • 東京都
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
東海エリア
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 三重県
近畿エリア
  • 大阪県
  • 兵庫県
  • 京都県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
中国エリア
  • 広島県
  • 岡山県
  • 山口県
  • 島根県
  • 鳥取県
四国エリア
  • 高知県
  • 香川県
  • 徳島県
  • 愛媛県
九州・沖縄エリア
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 大分県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

※ご状況によって対応できない場合もございます
※一部離島は対応致しかねますので、詳しくはお問い合わせください