起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2019/10/24(木)18:39

コピー機のインクジェットとレーザー!押さえておくべき選択のポイントは?

カテゴリー
関連ワード

2019/10/24(木)18:39

コピー機のインクジェットとレーザー!押さえておくべき選択のポイントは?

カテゴリー
関連ワード

コピー機はプリンターの機能を兼ねた複合機が一般化していますが、インクジェットとレーザー2種類の印字方式があるので注意が必要です。印字方式によって得意としていることが変わるので、複合機を導入する時にはそれぞれの特徴を把握しておいたほうがよいでしょう。今回はインクジェット方式とレーザー方式それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのか、さらに選ぶ時のポイントを解説していきます。

1.オフィス用コピー機・複合機の印字方式

オフィス用のコピー機や複合機には、いくつか印字方式があります。方式によって印刷方法に違いがあるので、それぞれがどういう印刷方式なのか理解しておくとよいです。ここからはオフィス用コピー機や複合機に採用されている、インクジェット方式とレーザー方式について詳しく解説していきます。

1-1.インクジェット方式

インクジェット方式は、家庭用のプリンターによく採用されている方式です。圧力や熱をインクに加え粒子を細かくし、用紙に直接噴きつけることで紙の表面にインクの色を定着させます。細かい色の表現を得意としているのがインクジェット方式です。ただし、紙によって印刷の仕上がりが大きく変わる場合があります。紙にインクを定着させる印刷方式なので、インクが表面に定着しやすい用紙を用意しなければなりません。普通紙にも印刷はできますが、色がにじみやすいので注意が必要です。

1-2.レーザー方式

レーザー方式は、インクジェット方式のようにインクは使いません。トナーと呼ばれる顔料を使い、紙などの感光体に印刷する方式です。感光体を帯電させ、そこにレーザーを照射しトナーを転写します。ドラムで熱や圧力を加えて転写したトナーを定着させるので、印刷可能な用紙が多いという特徴があります。しかし、ドラムを使うためコピーした紙がカールしやすい、トナーを顔料として使うためインクジェット方式に比べると再現性が低いという面もあるため、どちらかと言うと文字文書の印刷に向いています。ただし、こういった弱点を無くしたグレードの高い機種も出ているため、レーザー方式を採用した全てのコピー機、複合機に当てはまるわけではありません。

2.インクジェット方式のメリットとデメリット

インクジェット方式、レーザ方式どちらがよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。それぞれメリット・デメリットがあるので、それをしっかり把握して用途に合った機種を選ぶ必要があります。まずはインクジェット方式のメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

2-1.インクジェット方式のメリットは?

インクジェット方式の複合機は、レーザー方式のものに比べて本体価格や交換部品が安い機種が多いです。安いものなら、1万円以下の機種もあります。業務を行うためには、コピー機や複合機以外にも様々なオフィス機器が必要になるので、導入費を安く抑えることができるのは大きなメリットです。色の再現性が高いのも、インクジェット方式のメリットになるでしょう。特に写真印刷で威力を発揮するので、そういう用途で使うならインクジェット方式のほうが向いているかもしれません。インクジェット方式は紙の上にインクが乗っているので、光沢のある仕上がりになります。文章よりも写真印刷で使うことが多い、仕上がりの美しさを求めている、そういう場合にはインクジェット方式の機種を使うほうが効果を実感しやすいでしょう。

2-2.インクジェット方式のデメリットは?

メリットの多いインクジェット方式ですが、当然デメリットもいくつかあります。まず、レーザー方式に比べると印刷に時間がかかってしまうのがデメリットです。インクジェット方式は表面にインクを噴きつけて印刷するため、それが乾くまで印字が進みません。乾くのを待ちながら印字をしなければならないので、どうしても印刷時間が長くなります。業務によってはスピードが求められることも多いですが、そういう時に印刷に時間がかかり業務効率が落ちてしまうのは大きなデメリットです。

インクが水に弱く、濡れるとにじみやすいのもデメリットでしょう。専用紙を使えば綺麗にインクが定着しますが、わざわざ専用紙を用意するのは手間も費用もかかります。また、インクジェットはインクの減りが速いため、頻繁に交換する必要があります。これは、インクの目詰りを防ぐために、定期的にヘッドのクリーニングをするからです。本体価格は安いですが、専用の用紙を用意したり、頻繁にインクを交換したり、コストがかかりやすい点には注意しましょう。

3.レーザー方式のメリットとデメリット

ここからは、レーザー方式のメリットとデメリットについて解説していきます。インクジェット方式とはどういう違いがあるのか、しっかりチェックしていきましょう。

3-1.レーザー方式のメリットは?

レーザー方式の一番のメリットは、印字速度が速いことでしょう。ドラムの上にトナーを乗せ、それを紙に押し付けることで印刷するので、インクジェットのようにインクが乾くのを待つ必要がありません。スピーディに印刷できるので、大量印刷に向いている方式です。ドラムでしっかり圧着させるので、にじみにくく水に強いのもレーザー方式のメリットです。どのような用紙でもしっかり印字できるので、印刷する用紙を選びません。長期間の保存にも向いているので、大切な資料を印刷するのにも向いています。インクジェット方式に比べて、コストが安く済むのも魅力の1つです。レーザー方式で使われるトナーをインクと比べると、1枚当たりの印刷にかかるコストは低くなります。それだけでなく、交換頻度もインクより低いので交換の手間も少ないです。

3-2.レーザー方式のデメリットは?

1枚当たりの印刷コストが低いレーザー方式ですが、本体価格や部品の価格はインクジェット方式よりも高くなります。そのため、購入時の費用がかかってしまいます。導入費を安く抑えたい時には大きなデメリットになるでしょう。コストと導入費のバランスを考えて、どちらのほうがお得か見極める必要があります。また、印刷速度が早く水に強いレーザー方式ですが、インクジェット方式よりも写真の再現性は劣ります。レーザー方式の仕組み上、細かい色彩の再現が苦手だからです。写真の印刷よりは、文字などを印字する用途に向いています。

プリントした後に、用紙がカールしやすいのも場合によってはデメリットになるかもしれません。ドラムで圧着して印刷するという仕組み上、ドラムの形が残り紙がカールしやすくなります。内容が確認できれば問題ないという場合には良いですが、仕上がりの美しさも重要視する場合には注意してください。

4.オフィスのコピー機として向いているのはどちら?

コピー機を使い、どのようなものを印刷するかによって、どちらのメリットが大きいのか変わります。写真印刷がメインの利用用途ならインクジェットを選ぶメリットが高いですし、テキスト印字がメインなら一般的なOA用紙が使えて印字速度が速いレーザー方式を選ぶメリットが高くなるでしょう。オフィスでコピー機を使う場合は、作業時間をいかに短縮できるかも重要なポイントです。印字速度が速いレーザー方式なら、作業時間を短縮し効率的に業務を進められるでしょう。

レーザー方式には初期費用やメンテナンス費用が高くなりやすいというデメリットがありますが、それはリースを利用することで解決できます。さらにリース料は経費として計上でき、動産保険の利用も可能なので、それほど大きなデメリットにはなりません。1枚当たりのコストも安いので、写真を印刷する用途で使わないのなら、レーザー方式のほうがオフィスのコピー機として向いているかもしれません。

5.自社での使い方を考慮して選ぼう

どのような方式のコピー機が向いているかは、用途によっても変わります。そのため、自社での使い方を考慮して印字方式を選ばなければなりません。インクジェット方式、レーザー方式それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握しておけば、どちらの方式のコピー機が自社に向いているのかが見えてくるはずです。それが見えてきたら、株式会社ビジョンで探してみることをおすすめします。株式会社ビジョンは様々なメーカーのコピー機を扱っているので、用途に合った機種を見つけることができるでしょう。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事
コピー機ドットコムでの契約方法No.1 コピー機・複合機のリースの相場や仕組みなどを徹底解説!知らなきゃ損!?リースについて詳しく知る
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.

\複数メーカー一括お見積もり 無料相談もOK!/

他社より1円でも高ければご相談を!
  • メールでお見積もり
    お見積もり予約
  • オンライン相談予約 パソコンさえあれば全国どこでも対面で相談できます