起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2019/03/06(水)15:40

コピー機・複合機を導入するなら「購入」「リース」「レンタル」どれがベスト?それぞれの特徴や価格を徹底比較!

カテゴリー
関連ワード

2019/03/06(水)15:40

コピー機・複合機を導入するなら「購入」「リース」「レンタル」どれがベスト?それぞれの特徴や価格を徹底比較!

カテゴリー
関連ワード

悩む女性

はじめに

オフィスにはさまざまな備品がありますが、そのなかでもほぼ必ずあるものといえば「コピー機・複合機」ではないでしょうか。そんなコピー機・複合機ですが、導入するにあたって購入するかレンタルにするか、それともリースにするかで悩む人も多いのではないでしょうか。実際どの導入方法を選ぶかによって経費が大きく変わることもあるので、それぞれの特徴を正しく知っておかなければなりません。今回は「購入」、「レンタル」、「リース」それぞれの方法ごとに、基本的な特徴や価格などを紹介します。

▼目次

導入方法その1.購入

オフィスに新しくコピー機や複合機を導入する場合、まずは「購入」を検討する人が多いのではないでしょうか。メーカーや販売店などから、自分たちのオフィスにふさわしいコピー機などを選んで購入するという方法です。購入した場合、そのコピー機などは会社が完全に自己所有することになります。つまり一般的な品物と同じように、代金を支払って自分たちのものにするのです。なので売買が成立したあとであれば、所有するコピー機などを転売したり、ほかの人や企業に譲渡したりすること自由に行えます。

また、価格が10万円以上のコピー機などを購入していれば、資産として計上することも可能です。さらに、一括購入していればリース料金やレンタル料金を定期的に支払う必要がありません。
これらの料金には保険料などの諸費用も含まれるため、長い目でみれば経費を削減することができます。なおローンによる分割購入で導入した場合、金利が上乗せされるので一括購入よりも経費は高くついてしまいます。それでも、リース料金やレンタル料金と比べればトータルコストは安く済むケースが多いでしょう。

このようなメリットがある一方、購入ならではのデメリットもあります。まず、10万円以上のコピー機などを購入していれば、固定資産税の支払いや、それにともなう減価償却の手続きを行わなければなりません。必ずしも金銭的に不利になるわけではありませんが、事務面での業務が増えてしまいます。
さらに、一度購入して自己所有となったコピー機は、最後まで自分たちで面倒を見なければなりません。レンタルやリースであれば、故障すればメンテナンスしてくれますし、契約期間が終われば返却すれば良いだけです。
ところが、自己所有のコピー機はメンテナンスも自分たちで手配しなければなりませんし、不要になったら責任をもって処分したり、ほかの人や企業へ譲渡したりする必要があります。不用品として処分する場合、基本的には処分費用が必要になるので注意しましょう。

導入方法その2.レンタル

コピー機や複合機が必要ではあるものの、使用頻度がそれほど多くなく、また購入するほどの資金的な余裕がないというケースもあるでしょう。このような場合は、購入するよりも「レンタル」が向いています。
レンタルは、自分たちの企業とは別のレンタル業者が所有しているコピー機や複合機を、必要な期間だけ借り受けるという方法です。契約期間が終了すれば、借りていたコピー機などはレンタル業者へと返却され、また新しい借り主のところへ貸し出されます。つまり、レンタルで借りられるコピー機などはほとんどが中古品だということです。

レンタルのメリットは、企業が自分でコピー機や複合機を購入する必要がないという点です。レンタル業者が定めた料金で毎月レンタルするため、まとまった購入資金がなくてもコピー機を導入できます。また、企業の自己所有にはならないため、不要になったときに処分費用を負担する必要もありません。
大型のコピー機になると、オフィスの立地や間取りによってはクレーンなどを使って搬出しなければならない場合もあります。なので処分するときに、思わぬ高額請求をされて慌ててしまうこともあるかもしれません。この点、レンタルなら業者に返却するだけなので、手間もコストもかかりません。

さらに、レンタル料金は基本的に毎月同じ金額を支払うため、ランニングコストを把握しやすいだけでなく経費扱いにすることもできます。コピー機の所有権はあくまでもレンタル業者にあるため、減価償却手続きや固定資産税の支払いといった面倒な事務作業も行わずに済みます。
このほか、幅広い使用方法が可能という点も大きなメリットとしてあります。契約期間は最短で1日から申し込めるレンタル業者が多いため、イベントで1日だけ使用したい場合や、短期間だけの出張オフィス用として使いたい場合など、さまざまな用途が期待できます。万が一、災害などでコピー機が損傷したり盗難の被害に遭ったりしても、自己所有でないうえに補償を受けられるケースが多いため、損失を最小限に抑えることも可能です。

一方のデメリットは、コピー機などの機種を企業側が指定できないという点です。レンタルを申し込むと、基本的にはレンタル業者の元に在庫として残っている機種のなかから要望に合ったものを選定されるので注意する必要があります。
また、新品をレンタルできることも滅多にありません。中古品は性能が低い古い機種の可能性もありますし、使い古されたコピー機に当たってしまうと、よく故障してメンテナンスに時間と費用がかかることもあります。さらに、導入の際に初期費用がかかる点にも注意しておく必要があります。
コピー機の機種やレンタル業者などにもよりますが、搬入費用などで5~10万円程度の初期費用を請求されることがあります。レンタル料金とは別に請求されるため、資金を準備しておかなければなりません。

導入方法その3.リース

レンタルとよく似ている導入方法として「リース」というものもあります。リースとは、企業がコピー機や複合機を購入するのではなく、リース業者から借りて利用するという方法です。
リースのメリットは、ほとんどレンタルする場合と同じです。まとまった資金がなくてもコピー機を導入できる、リース料金の支払いを経費として計上できる、減価償却手続きなどの事務作業が不要といった点が挙げられます。このほか、リースならではのメリットとして、機種の指定ができるという点も魅力です。
基本的に、リースでは企業側がコピー機の機種を指定し、それをリース業者が購入して貸し出すというスタイルをとっています。つまり、最新機種や新品のコピー機を低コストで導入できるということです。中古品ではないので故障の心配も低く、メンテナンス費用も節約できる可能性が高いといえます。

デメリットとしては、トータルの支払総額が高くなりがちという点があります。最新機種を指定した場合、本体価格が高くなるため必然的にリース料金も高くなります。
リース料金には本体価格のほかに金利や税金、保険料や手数料などさまざまな諸費用が含まれているため、その機種を購入した場合より高くつくことがあるのです。リースにするときは、表面的な料金だけでなく内訳までしっかり確認し、どれくらい割高になるか理解したうえで契約することが肝要です。

また、リースでは基本的に長期契約になるケースがほとんどであり、契約期間中の中途解約が認められない点もデメリットだとしてあるといえます。これは、リースの契約で固定金利が適用されることが多いためです。
契約時に定められた固定金利の年数で支払いをしていくため、期間中の解約はできません。このため、経営がうまくいかず事業規模を縮小したり経費削減したりしたいときであっても、1度契約したリース料金は長期間に渡って支払い続けなければならなくなります。どうしても契約期間中に解約したい場合は、残債を一括支払いする必要がでてきます。

さらに、リースではそもそも審査に通らないという可能性もあります。契約期間が長期に及ぶリースでは、事前に支払い能力がしっかりあるかどうかが審査されます。審査に通らなければリースを組むもとができないため、まずは与信審査を受けて問題なく契約できそうか確認したほうがよいでしょう。
ちなみに、審査基準や審査の通りやすさなどは各リース業者で異なります。効率よく契約可能なリース業者を見つけるためにも、複数の業者の与信審査に申し込んでおいたほうがよいでしょう。

購入とレンタル・リースはどちらがお得?

コピー機や複合機の導入は、大きくわけて「購入」と「借りる」という2パターンがあります。購入して自己所有にするのがよいのか、気軽に借りたほうがよいのか。企業の事情などによっても異なるので一概にはいえませんがどちらにしたほうがお得になるのでしょうか。
そうしたときは「資金繰り」と「使用期間」の2つを考えると、自分たちにとってどちらが合っているかがわかりやすくなります。

コピー機や複合機は精密機械であるため、新品でも中古品でも高額な購入費用が必要となります。起業前後の経営が不安定な時期や、利益があまり上がっていない時期が続くような場合、現金を少しでも手元に残しておきたい、といったこともあるのではないでしょうか。
資金繰りに不安があるのであれば、高額の費用がかかる購入ではなく、あまり初期費用がかからないレンタルやリースを選ぶとよいでしょう。

使用期間については、まず数年先も使い続けていくかどうかを確認します。レンタルなら最短で1日から契約できますが、リースの場合はそうはいきません。3~6年という長期間の契約になることが多く、途中で解約することもできません。このため、そのコピー機を何年使い続けるのか、よく検討することが大切です。
たとえば、リースを始めてから2年経った頃、ほかの企業から最新のコピー機を譲り受けたとします。この場合、リース契約があと数年は残っているので、たとえリースしているコピー機を全く使わなかったとしても料金を支払わなければなりません。

購入していれば、自己所有であるため不要になった時点で転売し、少しでもお金を取り戻せる可能性もあります。使用期間と契約形態によっては、このように大きな損をしてしまうリスクもあるので、どのくらいの期間利用するか慎重に判断して決めましょう。

レンタルとリースはどう違う?

これまでの解説を見て「レンタルとリースはどう違うのかわからない」と感じた人もいるのではないでしょうか。この2つの方法は、どちらも契約期間にしたがってコピー機を借りて利用し、期間が終われば返却するという点では同じです。しかし、細かい部分を見るとさまざまな違いがあるので正しく理解しておかなければなりません。
レンタルは、レンタル業者がすでに所有しているものを借り受けます。機種の選択はできず、中古品となるため性能も低いものが多いです。それでいて月額料金は割高で、ある程度まとまった初期費用もかかります。契約期間は1日から可能で、審査も必要ないため導入スピードは非常に速いです。中途解約も可能であり、手軽さが大きな魅力です。

これに対し、リースは利用者である企業が指定した機種をリース会社が購入し、それを借り受けます。最新機種の指定も可能で、高い性能の便利な機種を使って快適に業務をこなすことができます。3~6年前後という長期間にわたる契約となり、途中解約も不可能ですが、そのぶん月額料金は割安で初期費用もかかりません。
ただし、導入にあたっては審査があることに加え、指定した機種を手配するまで時間がかかるので、実際にオフィスに搬入されるまで長く待たされる可能性もあります。

それぞれの特徴を比較し、短期間に手軽に利用したい場合はレンタル、リーズナブルな料金で高性能な機種を長期間利用したい場合はリースを選ぶとよいでしょう。

コストが気になる!購入・レンタル・リースにかかる費用を比較

コピー機の導入を検討する際、やはり気になるのがコストかと思います。コストによっては、自分たちが希望する導入方法を諦めざるを得ない可能性ももしかしたらあるかもしれません。
そもそもコピー機や複合機の価格がいくらなのかわからないという人もいるので、購入とレンタル、リースそれぞれのケースによってかかる費用を比較していきましょう。

まず、コピー機を購入する場合です。オフィス用のコピー機は、一般的な家庭用コピー機とは大きさも価格もまるで違いますし、新品か中古品かによっても変わります。新品であれば、モノクロのみか、カラー対応も可能なのかによっても大きく異なります。
最も便利な新品のカラー複合機の場合、1分間に25枚程度の作業スピードであれば120万円ほどするタイプが多いです。機種によってはオプションをつけることもでき、内容によっては400万円以上するものもあります。モノクロであれば70万円ほどのタイプが一般的ですが、こちらもオプションを充実させると300万円以上かかる場合もあります。

中古であれば、新品より大幅に安くなることが多いです。機種やメーカーにもよりますが、ほとんどのものが10~30万円ほどの価格帯で購入できるでしょう。ただ、安ければ良いというわけではありません。価格が10万円と非常に安いコピー機の場合、故障しやすい個体だったり、型式がかなり古いものだったりする可能性があります。
喜んで購入したものの、実際に使ってみると印刷のクオリティが低かったり、故障続きでとても使っていられなかったりして、結局買い替えなければならないという事態もあり得ます。安いコピー機を購入する場合は、なぜこんなにも安いのか、販売店に詳しく確認して納得してから購入するようにしましょう。30万円以上する中古コピー機であれば、中古品のなかでも比較的新しい機種である可能性が高く、性能にも信頼がおけるものだといえるでしょう。

次に、レンタルで導入する場合です。短期間だけ導入したい、すぐにでも導入したいという場合に便利なレンタルは、1カ月ごとにレンタル料金を支払います。カラー複合機の相場は1カ月あたり約7,000円からという業者が多く、購入する場合と比べて非常に安いです。
ただし、レンタル料金に保守メンテナンス料金が含まれているか、初期費用に別途いくらかかるかをチェックしておきましょう。また、印刷速度が速いものほど料金が高くなっていくので、オフィス全体でどれくらいの枚数を使用するか確認してから申し込んだほうが無難です。

最後に、長期の利用に最適なリースの場合です。新品か中古かという基本的なポイントに加え、性能によっても料金は変わってきます。モノクロコピー機の場合、印刷速度15枚程度の機種で月額4,000円~8,000円、30枚の機種だと1万2,000円~1万8,000円が相場です。印刷速度50枚以上の高性能機種になると、1万8,000円~2万5,000円と高くなるので、レンタルと同様にコピー機の使用頻度などを含めて検討しましょう。

ベストな方法を選ぼう!コピー機・複合機導入のポイント

ひとえにコピー機や複合機の導入といっても、その方法はさまざまです。オフィスに欠かせないコピー機はレンタルやリースで取り扱っている業者も多いので、自己所有にこだわらなければ検討してみると良いでしょう。導入方法ごとにそれぞれ特徴が異なるため、それらを正しく理解し、自分たちが重視する要素を満たしている方法を選ぶことが大切です。
自己所有で幅広い活用をしたいなら購入、スピーディに導入して手軽に解約したいならレンタル、最新機種をリーズナブルかつ長期間にわたって使いたいならリースを選ぶのが一般的です。ただし、いずれもメリットがあればデメリットもあるため、注意しなければなりません。メリットだけに注目して選ぶと後悔しかねないので、広い視野を持って検討していきましょう。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事
コピー機ドットコムでの契約方法No.1 コピー機・複合機のリースの相場や仕組みなどを徹底解説!知らなきゃ損!?リースについて詳しく知る

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

他社より1円でも高ければご相談を!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.