全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2016-07-19(火)15:29

あなたは知ってる?よく使うコピー用紙のサイズについて

Category:
基礎知識

机に置かれた資料たち

いつもなにげなく使っているコピー用紙。たくさんのサイズがありますが、どのサイズがどの大きさなのかご存じでしょうか?コピー用紙としてだけでなく、報告書や規格書、学校への提出物など、使わない日はないほどです。今回は私たちに身近な存在のコピー用紙のサイズ、A4、B5について紹介したいと思います。

A4ってどんなサイズか

当たり前のように使っているA4サイズの紙。コピー用紙としてだけでなく、レポート用紙や企画書用紙などとして最もよく使われる大きさです。また、「A4サイズの表紙」などと、大きさを表す標準サイズとして使うことがあります。では、いったいA4サイズとはどんなサイズのことなのでしょうか。大きさは、横が210ミリで、縦が297ミリのいわゆる白銀比率です。行政に提出する書類などもA4のものが多く、大学や高校などの教育現場でも、最もよく使われている用紙サイズです。ところで、このA4のAとはどういう意味かご存知でしょうか。そもそもA判は19世紀末ドイツの物理学者オズワルドによって提案されたドイツの規格で、面積が1平方メートルの「ルート長方形」をA0としました。(現在ではこのサイズが国際規格サイズです。)そのA0を4回、半分にしたものがA4というわけです。このA規格の用紙は国際的な標準サイズですので、「ISO 216(国際規格)」・「JIS P0138(日本工業規格)」で規定されており、海外でも通じるサイズです。

B5ってどんなサイズか

日本で使われているもう一つのサイズに主流B版があります。B4やB5といわれるタイプのものです。サイズは、横が257ミリで縦が364ミリです。B判は日本の美濃紙を元に面積が1.5平方メートルの「ルート長方形」をB0とした国内規格サイズです。そしてB4はこのB0を4回、半分にしたものです。そして、B系の中で比較的よくつかわれるのが、B5です。横が182ミリで縦が257ミリで、B4をもう一度半分にした大きさで、漫画雑誌の大きさです。この規格は日本国内だけの規格ですので、海外ではこの大きさの用紙は標準的には使われていません。

紙のサイズの簡単な覚え方

A判、B判ともに数字が記載されますが、その数字は1~10まであります。その数字は、元のA0とB0を何度半分にしたかという回数を表す数字です。そのため、数字の大きいものほど、紙としてのサイズは小さくなります。どれかひとつサイズを知っておけば、その用紙サイズを半分もしくは倍にしていく計算で、他のサイズもほぼ算出できます。使う頻度の高いA4(210ミリ×297ミリ)とB5(182ミリと257ミリ)を覚えておくと、半分にしたり倍にしたりするだけで、他の紙でもサイズを簡単に計算ができます。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.