全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2016-05-09(月)15:10

コピー機のリース契約とは?内容を知ってリース価格を抑えよう

Category:
基礎知識

コピー機のリース契約とは?内容を知ってリース価格を抑えよう
コピー機はリース契約をすることで、初期費用を抑えることができます。また、リース料を経費で処理することも可能です。その他、コストがいくらかかっているのかが把握しやすいというメリットもあります。今回は、そんなリース契約とその価格を抑えるポイントについて詳しくお話していきたいと思います。

・リース契約とは

リース契約とは、会社を設立したばかりのお客様が導入したいと考えるコピー機・複合機やセキュリティシステム、そしてビジネスフォンなどの設備をリース会社が購入し、一定期間リース料をリース会社に支払うことを前提にこれらの設備をお客様が使用することができる契約のことです。お客様はリース会社へ月々リース料金を支払うことになりますが、万が一、火災や盗難の被害にあっても動産保険の適用によって修理や新しい設備への交換をすることができます。

設備の所有権はリース会社となり、期間満了までは途中解約ができないなどのデメリットも確かにあります。けれど、初期費用を抑えることができるので、他の設備に費用を回すことが可能になりますし、リース料は経費で処理することができるため、一括購入をするよりも費用面でメリットがあるといえます。また、コストが把握しやすいので、経費の事務処理負担を減らすこともできます。

・販売店を選ぶポイント

リース契約は、どの販売店と契約するかによってリース料金が異なってきます。

・リース料率が下げられる会社で契約すると安い
リースは設備に対してリース料率(リース会社の利益)をかけた金額で使用することになりますが
コピー機を契約する会社によってはリース料率が高いor低いといったケースがあります。
これはリース会社との取引額等による交渉によって決まるため、リースによる販売が多い会社の方が有利となりその分消費者にも安く提供できるというものです。

・メーカーから沢山コピー機を仕入れている会社で契約すると安い
コピー機自体の卸額は各メーカーとの取引額等による交渉によって決まるため、毎月の販売台数が多い会社の方が有利となりその分消費者にも安く提供できるというものです。

・ランニングコストを抑えるポイント

リース料金以外にかかるランニングコスト(保守契約、カウンター契約等)

・カウンター料金を安くするには
一般的に多い、カウンター契約を結ぶと
保守料金として1枚印刷するのに〇円等、カウンター料金を支払う場合があります。
カウンター料金も、販売実績や取引額で販売店が提供できる金額が決まる為、実績のある会社で契約をすると有利になります。

・保守サービスの選び方
保守サービスには、メーカーが行なうメーカーメンテナンスと、販売店が行なう自社メンテナンスがあります。
会社によっても異なりますが、メーカーの方が対応エリアや拠点数が多く迅速かつ的確なメンテナンスを受ける事ができます。

契約の際はよく理解し、確認をして契約するようにしましょう。また、サービスの質が悪いと故障の際にトラブルが起きる場合もあります。サービス品質についての確認もしっかり行ないましょう。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.