全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2016-03-31(木)10:58

【必見】コピー機の再リースがおすすめ!?

Category:
基礎知識

【必見】コピー機の再リースがおすすめ!?
リースしたコピー機を使っている場合、いずれはリース期間が切れるときがきます。
リース期間が切れる半年から3ヶ月くらい前になると、リース会社からリース満了の通知が届きます。

再リースとは?

再リースというのは、現在使用しているコピー機のリース期間を延長して、そのまま借り続けることです。再リースの期間は、通常は1年以内で、その期間が経過したら再更新することも可能です。

なぜ再リースはお得なの?

大幅にリース料金が安くなるのは、リース料金がコピー機の代金に加えて、リース会社の利益や税金、保険料などを計算した上で算出されているからです。
つまり、もともとのリース期間でコピー機のリース総額は満了していて、期間終了以降は大幅に安い料金でリースしたとしても、リース会社に損が生じることはないのです。
再リースというお得な方法があることも知っておいてください。

再リースのメリットとデメリット

このように、再リースではリース料金が大幅に下がるのがメリットです。
ただし、リース料金が下がる代わりに保守料金が上がる場合もあります。
ただ、デメリットもあります。
5年以上使用することになると、経年劣化も進むので故障する可能性は高まりますし、コピー機のメーカーが保守用の部品生産を打ち切るケースなども出てきます。

さらにいえば、長期間にわたってコピー機を使用する場合には、更新されていくコンピュータのOSにコピー機が対応しなくなるといった事態が生じることもあります。再リースには、このようなデメリットがあることも知っておきましょう。

再リースにはメリットとデメリットがあるので、新機種に切り替えるのが良いか、再リースにするか、個々のケースによって異なります。もっとも、コピー機の使用頻度があまり高くないのであれば、故障するリスクも少ないので再リースでも構わないという事もありますが、壊れてから新しい物に変える時間や故障しやすいコピー機を再リースするのは非効率という事で新しい物に切り替える方も多くいます。
また、5年6年前と比べて、保守料金(カウンター料金等、1枚印刷するのに取られる費用を含みます。)もかなり安くなっているのでトータルコストで検討されるのも良いでしょう。
再リースを選択肢の一つとしてご検討されることをおすすめします。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.