全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2016-03-25(金)12:17

コピー機のリースの相場ってどれくらい?

Category:
基礎知識

コピー機のリースの相場ってどれくらい?
高額なコピー機を初期費用の必要なく導入でき、毎月の支払いは経費扱いにできるということで、コピー機や複合機をリースで導入しようと考えている会社は多いです。コピー機や複合機のリースを検討する際、相場はいくらなのか気になりますよね?ここではリース料金の相場や契約時の注意点などについてご紹介します。

リースの流れ

まずはリースの流れをご紹介します。初めに、必要となるコピー機や複合機を選びましょう。そのコピー機で月にどの程度印刷するのか試算してください。その後、コピー機販売店(コピー機ドットコムにお任せください。)に見積もりを出してもらいます。リース代金だけでなく、保守契約料金がいくらなのか、どんな契約内容なのかも吟味してください。契約内容に納得出来たら、リース会社と契約します。その後、リース会社がその機材を購入してくれるので、月々の料金を支払えば契約期間中使い続けることができます。契約期間が終了したらコピー機を返却するか、新しいコピー機をリースするか、再リースしましょう。

相場はどれくらい?

コピー機のリースの相場がどのくらいかということを知りたい人は多いと思いますが、はっきりといくらと言うのはとても難しいです。コピー機の性能によっても違いますし、毎月何枚くらい印刷するのかによっても料金は変わってきます。目安としては、必要最低限の機能のついたA3コピー機で、5,000円~10,000円、コピー、ファクス、プリンター、スキャナーの1台4役の標準タイプの複合機で月に1,000枚から3,000枚程度印刷する場合は10,000円から15,000円程度、高性能なオプションなども多くついている複合機で月に5,000枚以上印刷する場合は30,000円以上が相場と思っていいでしょう。

リース契約時の注意点

リース契約時にはリースの契約期間と保守契約に注意しましょう。コピー機や複合機の法定耐用年数は5年となっているので、リース契約も5年間とするところが多いですが、中には月々の料金が安くなるために6年や7年の契約にするところもあります。一見月々の料金が安くてお得に感じるかもしれませんが、コピー機や複合機は4年を過ぎると老朽化が進んでしまいます。思うように使えなくなり、入れ替えをしようと思ってもまだ契約年数が残っているということにもなりかねません。リースは一度契約すると解約することはできませんので、契約年数には気を付けましょう。リース契約をする際、カウンター料金やチャージ料金といった保守契約を結ぶのが普通です。その保守契約の内容は、印刷1枚につき○円というように、1枚ごとの課金代金だったり、トナー料金が必要だったりと各リース会社によって異なります。月々のリース代金にプラスしてこういったカウンター料金などを支払うのはもったいないような気がするかもしれませんが、これにはメンテナンス代や故障時の修理費も含まれていますので保守契約はきちんと結びましょう。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.