起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2015/12/30(水)10:00

コピー機のリース契約をオススメする理由(4)リース契約を上手に活用する

カテゴリー
関連ワード

2015/12/30(水)10:00

コピー機のリース契約をオススメする理由(4)リース契約を上手に活用する

カテゴリー
関連ワード

 注目のひかり電話に変えても大丈夫?

コピー機のリース契約におけるデメリットとして、中途での解約ができない点を挙げました。これはコピー機自体が陳腐化してしまうという問題点があります。しかし、そんなコピー機の陳腐化を防げる裏ワザがあったのです。軽く触れてきましたが、実はリース契約中でもコピー機を入れ替えることができるのです。

なんとリース契約の組み換えが可能だった

コピー機を導入する際、高額な初期費用やコピー機自体が年数を経て陳腐化してしまうリスクなどの問題で悩むことと思います。そして、そういったリスクを回避するために、初期費用が低く抑えられるリース契約を選択して導入を決められている企業が多いのです。しかし、先ほどの指摘どおり、リース契約でコピー機を導入したら、何年か経って最新技術の新製品を目にし、使っているコピー機が陳腐化してしまって後悔しているという話をよく聞きます。数年前の契約時には適正だと思っていた金額やサービス内容が、時間の経過とともに適正でなくなってしまう場合もあります。
リース契約には途中解約できないというルールがあるために、リース契約期間の満了までしぶしぶ使い続けるしかないといった状況になっている企業もたくさんあります。しかし、意外と知られていませんが、コピー機を入れ替え、つまり今のリース契約を組み替えて新しい契約を結ぶことができるのです。

コピー機取り換えの時期を判断する

コピー機の機種や、リース契約内容の見直しを図ることができる方法があるので、あなたの会社の環境に合った内容でコピー機を利用することが可能なのです。リース料金とともに発生する月々のランニングコストを削減できるチャンスです。そのほか、コピー機に関するさまざまな問題も、すべてコピー機を入れ替えることで解決できる場合もありますよ。特に、コピー機が古くなってきたり、機能に不満を感じたり、ランニングコストの見直しを図りたいといった場合だけでなく、社内のネットワーク環境を改善したい、契約している販売代理店の対応に不満がある場合などにも有効です。このような問題があるなら、それはコピー機取り換えの時期だと思ってください。そして、コピー機ドットコムなら、そういったお困りのお客様はもちろん、コスト意識が高く、コピー機の機能に不満があるお客様にもご対応させていただきます。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事
コピー機ドットコムでの契約方法No.1 コピー機・複合機のリースの相場や仕組みなどを徹底解説!知らなきゃ損!?リースについて詳しく知る

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

他社より1円でも高ければご相談を!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.