全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-10-07(水)16:52

紙詰まりの原因と対処法について

Category:
基礎知識

 紙詰まりの原因と対処法について

コピー機を使っていると、どうしても起こってしまうのが紙詰まり。何回も連続で紙が詰まるとイライラしてしまいますよね。そもそもどうして紙が詰まるのでしょうか?原因を知って、再発しないように努めることで、紙詰まりを起きにくくします。保守サービスに連絡をいれるよりも、自分で簡単にメンテナンスできることがありますよ。

コピー機のトラブルとして特に多いのが、紙詰まり。紙詰まりはどうして起きるのでしょうか?

特に考えられるのは、コピー機の「給紙ローラー」の摩擦力が落ちたことが原因の一つです。「給紙ローラー」とは摩擦力を使ってコピー機の紙を送り出す大事な部品です。その給紙ローラーの摩擦力が落ちると、上手く紙を出すことができなくなって紙詰まりになってしまいます。
長年使っていることで、給紙ローラーにコピー用紙の紙粉などが付着していまい、上手く摩擦が起きなくなります。紙詰まりを解消するには、この紙粉を取り除くことが必要です。

また、冬は紙詰まりが起きやすい季節です。
なぜならば、冬はヒーターやエアコンなどで急に部屋が暖められることがあるため、結露が発生しやすいのです。特にコピー機の用紙が入っているカセットの内部で結露を帯びやすくなります。紙に湿度を帯びると、2枚がくっついて同時に紙を出そうとするので紙詰まりになりやすくなります。

はがき印刷で紙詰まりになりやすい原因は、セットする紙が波を打っていることがあります。一度にたくさんの紙をセットすると詰まりやすいので紙をチェックしてみましょう。
紙詰まり時の対処法
コピーで紙が詰まった時は、慌てて紙を引っ張らないようにしましょう。慌てて引っ張ると紙がちぎれてしまい、取り除くのが困難になります。

まずは、詰まった場所を調べてみます。給紙カセットを取り出し、中を見ます。なかったら側面のカバーを開いてみます。それでもどうしても見当たらないならば、保守サービスをしている会社に連絡してみましょう。

給紙カセット付近で紙が詰まっていた場合は、ゆっくりと引っ張り出します。この時、手前ではなくローラーに対して水平に引っ張ってあげましょう。内部のローラーに絡まったりして用紙がクシャクシャになっている場合もありますが、やさしくゆっくり引っ張ります。

また、側面カバー付近で詰まっていた場合も、細心の注意を払って水平方向にやさしく引っ張ります。

紙を取り除いたつもりでもエラーが消えない時は、もう一度詰まっていた場所を探してみます。どうしても見つからない場合はやはり保守サービスの会社に連絡します。”

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.