起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安コピー機サイト コピー機.com

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2015/08/21(金)17:19

コピー機は借り物でいい?レンタル契約のメリット・デメリット

カテゴリー
関連ワード

2015/08/21(金)17:19

コピー機は借り物でいい?レンタル契約のメリット・デメリット

カテゴリー
関連ワード

 コピー機は借り物でいい?レンタル契約のメリット・デメリット

コピー機は借り物でいい?レンタル契約のメリット・デメリット

コピー機の導入にも様々な方法があります。その中で、今回は「レンタル」の特徴、メリット・デメリットを解説します。

レンタル契約の特徴

コピー機をレンタルする場合、機器の所有権がレンタル会社にあり、利用者は使用料を払って賃貸借することになりますが、リースと違う点は様々です。まず、長期の契約を結ばないために解約がしやすいという点です。次に、リースはリース会社が利用者のために新しいコピー機を購入し、月々のリース料を払って使用するのに対し、レンタルはすでにレンタル会社にあるものの中から選びます。そのため、レンタルする機器には中古のものも多く含まれます。これは例えば賃貸マンションや、レンタルのDVDなどと同じイメージです。

レンタル契約のメリット・デメリット

・レンタル契約のメリット

レンタルのメリットとして、まずは先ほども出てきたように長期契約に縛られる必要がないということです。レンタルの契約は、リースに比べて期間が格段に短いため、例えば違う機種に変えたいといった場合、もしくは、コスト削減のためにレンタルをやめたいという場合にも、自由に解約できます。1ヶ月のみといったような借り方も可能です。また、導入時の契約に金融機関の審査などが不要といったように、契約がリースに比べて簡易なため、煩雑な手続きを経ることなく、素早く導入できるという利点もあります。さらに、レンタル料は会計上、全額損金処理することができます。これはレンタルが資産計上ではなく、経費として全額計上されるためです。また、借りているコピー機はレンタル会社の所有物のため、掃除や故障時のメンテナンスやトナーなどの消耗品についてはレンタル会社が負担します。(月々の保守費を払う場合はあります。)

・レンタル契約のデメリット

逆にデメリットとしては、まずリースよりも月々の料金が割高な場合が多いことが挙げられます。次に選択の幅が狭いということがあります。レンタル会社にあるものの中からしか選ぶことができないため、必ずしも希望の機能がついているものが見つかるとは限らないのです。実情としては、レンタルは中古のものが多いということもあります。新品で、必要な機能をカスタムメイドしたものがよいといったこだわりがある場合は、リースの方が合っているでしょう。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

今すぐお問い合せで割引特典あり!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.