起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2015/08/17(月)17:09

コピー機の価格はいくらが適正?コスパで考える選び方

カテゴリー
関連ワード

2015/08/17(月)17:09

コピー機の価格はいくらが適正?コスパで考える選び方

カテゴリー
関連ワード

 コピー機の価格はいくらが適正?コスパで考える選び方

コピー機の価格はいくらが適正?コスパで考える選び方

コピー機といってもその種類、価格は様々。コピー機活用にかかる費用を解説します。

コピー機の適正価格とは

一口にコピー機の適正価格と言っても、メーカーによってバラバラであり、機種も搭載機能もさまざまです。そのため、なかなか一言では言い表せられません。そのことを考慮した上であえて言うのであれば、新品のコピー機は80万円から280万円くらいまであり、100万円前後が目安となります。それに対し、中古の場合はかなり安くなり、6万円前後で見つけることも可能です。かなりの差が出ていますが、中古の場合、廃棄処分になった機械から使える部品を抜き取って再利用するケースもあり、販売側としてはコストがほとんどかからないからです。一方、コピー機をリースする場合、安いところでは月々3,000円台のものもあり、相場としては1万円前後が多くなっています。リースは初期費用がかからないところが利点ですが、長期的に見ると、購入した場合よりコストパフォーマンスは悪くなります。

激安商品で気をつけるべきポイント

中には激安なコピー機、または、中古でかなりお買い得に思えるものがあります。その際、気をつけなければならないのはそのコピー機の性能です。購入したはいいものの、コピー機の印刷が遅く、機械の前に社員の行列ができてしまうといった事態を避けるために、しっかりと確認しましょう。また、コピーの精度が許容できる範囲かどうかも購入前にチェックし、同時に、印刷枚数のカウンター数値をチェックしておくことも大事です。車と同じように、酷使されてきたコピー機は、お店や販売会社で試したときに速くきれいに印刷したとしても、内部の部品やヒーター、感光ドラムが傷んでいる可能性があるからです。故障した場合のために、ほとんどの場合は販売会社との保守契約が適用されますが、その契約内容をしっかり読んでおくことも重要です。

コピー機のランニングコスト・保守費用

コピー機を利用する場合のランニングコストについて考えてみましょう。リースの場合、ランニングコストとしては「カウンター保守」といって、コピー1枚につきいくらと形式で費用がかかることがほとんどです。料金にはかなりばらつきはありますが、1枚5円ほどが目安です。リースの場合、月々の機器にかかるリース料だけに注目してしまうかもしれませんが、毎月何枚コピーするかを念頭に置いて、カウンター保守についても考えましょう。そして保守という名の通り、このカウンター保守料金によってメンテナンス代やトナー代が無料になることがあります。料金プランは色々用意されていることが多いので、自社の使用枚数に応じ、どのプランが一番お得なのかを吟味しましょう。ちなみにカウンター保守契約は、新品コピー機の場合は必須となっています。中古の場合、加入は任意です。また保守契約は、途中で解約することができる場合がほとんどです。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事
コピー機ドットコムでの契約方法No.1 コピー機・複合機のリースの相場や仕組みなどを徹底解説!知らなきゃ損!?リースについて詳しく知る
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.

\複数メーカー一括お見積もり 無料相談もOK!/

他社より1円でも高ければご相談を!
  • メールでお見積もり
    お見積もり予約
  • オンライン相談予約 パソコンさえあれば全国どこでも対面で相談できます