起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安コピー機サイト コピー機.com

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2015/08/15(土)18:10

複合機をリースしたい!気になる値段やデメリットは?

カテゴリー
関連ワード

2015/08/15(土)18:10

複合機をリースしたい!気になる値段やデメリットは?

カテゴリー
関連ワード

 複合機をリースしたい!気になる値段やデメリットは?

 複合機をリースしたい!気になる値段やデメリットは?

複合機を実際にリースする際、行うべき、考えるべきポイントをまとめて紹介します。

 複合機をリースする際の相場

複合機をリースしよう!と決めたら、まず料金の相場は知っておきたいポイントです。もちろん月々の印刷・コピーの枚数やFAX枚数によっても、リースの契約期間によっても変わってくるのですが、大体、リース料が10,000円前後、それに使用枚数による料金を加算して20,000円以内くらいというのが実情となっています。その上で、金額面でのリースのメリットは初期費用がないことで、毎月決まった料金を払えばよく、トナーがなくなってもリース会社が負担するので無料、という場合が多いです。故障の際にも無料で修理に応じる会社がほとんどなので、気づかぬうちに思わぬ出費になるといったことがないのは安心できる要素ではないでしょうか。

複合機をリースするメリット・デメリット

リースのメリットとして一番に挙げられるのは、多くの場合が初期費用が0円ということです。新しく立ち上げた会社の場合、諸軽費を節約し、事業そのものに資金を使いたいというのが実情ではないでしょうか。さらに、リースなら月々の料金を経費として計上できます。複合機を購入した場合は、会社の資産となるため、固定資産税や減価償却手続きが発生しますが、それがないのもリースすることのメリットです。逆にリースのデメリットとしては、支払いの総額として、複合機を自社で購入した場合より高くなるという点があります。初期費用がかからないということは、裏を返せばそうなることはやむを得ませんが、利率や税金を払うことは避けられませんし、月々の保険料も支払っている場合はそのコストもあります。また、リース契約してしまうと途中で解約することはできません。会社の経費を減らしたいので、多少質は落ちてもいいから他機種にしたいと思ったとしても、リース期間満了までは不可能となってしまいます。複合機のリースの期間は一般的に5年とされています。ですので5年後まで見越して、その複合機でいいのか、コスト的に見合っているのかをある程度予測しておく必要があります。

 リース契約の解約と返却

それでもどうしてもリースを解約しなければならない場合は、残債を全額支払うという方法があります。契約によっては違約金や解約金も必要になりますので、契約前に契約書を注意深く読み、内容を理解しておくことが大切です。リース契約満了後、そのまま継続しない場合は、複合機をリース会社に返却します。その場合は自社で輸送料を負担しなければならない場合がほとんどです。契約の際にそういった点もチェックしておくと、返却時の思わぬ出費がなくなり、より安心・納得できます。また、同じリース会社から違う機種で再リースする場合は、引き取りに来てくれることが多いです。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

今すぐお問い合せで割引特典あり!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.