起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安コピー機サイト コピー機.com

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2015/08/11(火)17:29

意外と知らない!コピー機・複合機の「リース」とは

カテゴリー
関連ワード

2015/08/11(火)17:29

意外と知らない!コピー機・複合機の「リース」とは

カテゴリー
関連ワード

 意外と知らない!コピー機・複合機の「リース」とは

意外と知らない!コピー機・複合機の「リース」とは

「リース」という言葉、きちんと理解していますか?今回は用語だけでなく、活用ポイントなども含めて紹介します。

リースとは

リースとは、リース会社が契約者に代わって希望のコピー機を新規購入し、決まった期間リース料をもらうことを条件にコピー機を貸すことを指します。リース料は契約が期間満了になるまで支払うと、総額として、コピー機を購入するよりも高くなってしまいます。しかし、コピー機を通常購入で複数導入する場合、一括購入すると多額の初期費用が発生するのに比べ、リースの場合は毎月のリース料のみですので、初期費用が抑えられ、その分を運転資金に回すことができるという利点があります。リース期間を経済的耐用年数を考慮して設定すれば、常に新しい機種を導入できることもメリットだと言えます。ただ、リース期間が終了する前に解約してしまうと、違約金が発生するため、注意しましょう。

リースとレンタルの違い

リースとレンタルの違いは契約形態にあります。リースの場合、途中解約はできず、リース料として全額回収することを条件に貸与されますが、レンタルは契約によっては途中で解約できます。契約期間の違いで言えば、契約期間はリースは5年程度が多いのに対し、レンタルは2年ほどの短期契約です。また、リースの場合は顧客の指定したコピー機を新規購入しますが、レンタルはレンタル会社が所有するコピー機を貸し出すため、コピー機の指定はできず、中古である可能性もあります。万が一故障した場合、リースの場合は顧客の責任で修理しますが、レンタルの場合はレンタル会社が代替機を用意します。契約終了時の撤去費用は、リースはリース会社が負担しますが、レンタルの場合は顧客負担となります。

リース契約する際の注意ポイント

リース契約する際には、次の点に注意する必要があります。

・契約期間
コピー機などの法定耐用年数は5年と定められています。コピー機は4年過ぎたころから老朽化や陳腐化の問題が発生するため、業者と6年や7年の契約をしないように注意しましょう。

・リース料率
リース料が通常よりも割高にされている場合があります。リース料率は契約前に計算し、確認するようにしましょう。5年60回の標準的なリース料率は1.9%~2.2%です。

・前リース残金
リース機関中の入れ替えの際、前リース料金の扱いについて確認する必要があります。一般的には、新しいコピー機の契約金額に上乗せして月額リース額を決める方法がとられます。

・ランニングコスト
カウンター料やトナー代が高い場合が多くあります。リース料金と合わせて全体費用を確認するようにしましょう。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

今すぐお問い合せで割引特典あり!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.