全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-07-21(火)12:01

コピー機を導入したら結ぶ契約

Category:
基礎知識

 ■コピー機を導入したら結ぶ契約

 コピー機を導入

コピー機を導入したら、大抵の場合は「保守契約」というものを結ぶことになります。おおまかに分けて、保守契約には「カウント方式」と「トナー方式」があります。コピー機のランニングコストというものは、保守契約の内容、つまり保守の方式によって変わってきます。それでは保守の方式についてと、それぞれのランニングコストについて解説していきましょう。

●カウント方式の特徴とどんな企業に向くか

カウント方式とは、印刷1枚につき何円という単価が設定されており、プリント枚数に応じて料金を支払う方式です。一般的には、モノクロコピー1枚5円、カラーコピー1枚30円というようにモノクロかカラーかの違いで値段が設定されています。毎月の印刷枚数が一定だったり、使用頻度が高い企業・オフィスに向いています。目安としては、おおむね400枚以上/月です。なお、メーカーによっては「コピーチャージ」や「カウンター方式」と呼ばれることもあります。もちろん、コピー用紙は別途購入する必要があります。

●トナー方式の特徴と向いている企業

一方、トナー方式とはインクトナー(コピーキットと呼ぶ場合もあります)を購入する方式です。トナーの料金に保守費用が含まれているので、リース料金(本体代金)のみでコピー機が利用できるというメリットがあります。例えばコピー機を使用しない期間があるなど、毎月のプリント枚数が一定でない場合や、単純に印刷する枚数が少ない企業に向いている方式です。コピー枚数の目安はおおよそ400枚以下/月となります。こちらはメーカーによって「キット方式」や「トナーキット方式」などと呼ばれます。もちろん、この方式もコピー用紙は別途購入しなければなりません。なお、トナーを購入することで受けられるサービスなので、非純正トナー(ネットショップのリサイクルトナーなど)を利用すると、保守が切れてしまうので注意が必要です。
このように、コピー機のリース契約にはユーザーの事情や環境などで、きめ細かく設定されていますので、詳しくはコピー機ドットコムにご相談ください。もっともニーズに則したコピー機のご契約を提案させていただきます。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.