起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安コピー機サイト コピー機.com

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2015/06/11(木)15:57

コピー機って月にどれくらいかかるの?

カテゴリー
関連ワード

2015/06/11(木)15:57

コピー機って月にどれくらいかかるの?

カテゴリー
関連ワード

 ■コピー機って月にどれくらいかかるの?

コピー機や複合機を導入したら、気になるのが月額のランニングコストですよね。いったいどれくらいかかるのか、一般的な相場を見てみましょう。
 cc

●基本的には機種代+保守料+消耗品費

コピー機を購入した後のランニングコスト(維持費)は、主に機械代(分割払いまたはリース代)+保守契約料+消耗品(紙など)になります。このうちコピー用紙などの消耗品は、努力次第でコストを削減できますよね。なので、一般的なケースというのがありません。オフィスによって異なると言えます。
機械代については、一括で購入した場合は発生しません。分割による購入やリース品であれば、その導入の際に取り決めた支払い金額が一定となりますので、計算のうちということです。つまり、コピー機のランニングコストとは、保守料をどうするかということに尽きるわけです。
よくインターネットなどで見かける業者の一般的な保守料であるカウンター料金は、例えばモノクロ1枚当たり5円です。基本料金は1,000枚で5,000円というのが通常で、超過枚数は200枚毎に1,000円といった相場のようですね。たまにコピー機をレンタルするといった業者があり、カウンター料金を大きくディスカウントするケースもありますが、重要なのはレンタル契約は満期には機械を返さなければならないということです。十分、注意が必要です。

●電気代はどの程度かかるのか

最新のコピー機や複合機は、設定した時間毎に自動電源ON/OFF機能を搭載しています。また、使用していない状態では待機し、設定した時間が経過すると操作パネルや定着部の電源も切り、最も低い消費電力の状態で待機する「オートパワーシャットオフモード」という機能が搭載されている製品もあります。従来より電気代は大幅に削減されていますので、さほど深刻になる必要はありませんね。
ただし、これはあくまで最新機種に限った話です。中古の製造年式が古い機種に関しては、そこまでの機能は搭載されていない場合がありますので、出来れば新しいものに交換するほうが得策でしょう。
こうした最新機種の購入・リースについて、カウンター料金のスピード見積りやご相談にはコピー機ドットコムが親身になって乗りますので、安心してご連絡ください。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事
コピー機ドットコムでの契約方法No.1 コピー機・複合機のリースの相場や仕組みなどを徹底解説!知らなきゃ損!?リースについて詳しく知る

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

他社より1円でも高ければご相談を!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.