全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-06-09(火)15:24

カウンター料金と保守料って?

Category:
基礎知識

■カウンター料金と保守料って?

コピー機や複合機を購入またはリース契約すると、故障しないためにメンテナンスを受けたり、もし故障した場合は修理してもらうことが必要になりますね。これを保守サービスといいます。カウンター契約などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。こうした保守サービスには種類がどれくらいあって、その費用はどんなものなのでしょうか。保守サービス契約の内容と費用の相場について説明していきます。
 bb

●1枚印刷するごとに支払うカウンター料金

コピー機や複合機を取り扱うメーカー、販売店などでは保守サービスとして「カウンター契約」を結ぶのが一般的です。これは、契約者がコピーを取るときに1枚何円かを購入・リース元へ支払うことで、毎月定期的に基本的なメンテナンス(インク補充など)を実施したり、部品の交換が必要でサービスマンが訪問修理を行なっても代金が請求されないなどの条件が盛り込まれる契約のことです。コピー機や複合機に枚数カウンターを取り付けて、何枚コピーしたか(モノクロかカラーか)などを計算することから、この名称が付きました。実際、一般的には新品購入の場合はモノクロ1.5円、カラー15円程度、中古の場合はモノクロ3.5円、カラー25円というのが相場となっていますが、もちろんこれは契約するメーカーや販売店などで変わります。

●カウンター料金を払わない代わりの保守料

カウンター保守以外にキット保守、スポット保守などの契約があります。キット保守契約は、毎月大量のコピーを取るけど月々のコピー枚数に幅がありすぎる場合に結ばれるケースが多いです。もし故障しても修理費や出張費、パーツ代などを支払うは必要ありませんが、新品購入の場合は特に月々の保守料が高くついてロスが多いという特徴があります。
また、スポット保守契約は故障が発生した場合に、その都度修理依頼を行なう契約のことで、さほど多くコピーをしない場合に向いています。その代わり、故障した場合の修理費用は基本全額負担で、メンテナンス費用も実費となります。もちろん、月額の費用が一番安くあがるのはこの契約です。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.