起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安コピー機サイト コピー機.com

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2015/05/29(金)12:29

コピー機うんちく歴史編(2)

カテゴリー
関連ワード

2015/05/29(金)12:29

コピー機うんちく歴史編(2)

カテゴリー
関連ワード

■コピー機うんちく歴史編(2)

 コピー機1

ワットによって開発されたコピー機は、現在の主流となっているPPC複写機の登場で大きく革命が起こりました。

革命を起こしたPPC複写機

PPC複写機は現在のコピー機の主流ですが、その開発は1938年まで遡ります。アメリカ人物理学者のチェスター・フロイド・カールソンによって「ゼログラフィ」と呼ばれる、乾式複写で使われる電子写真法が確立したことが始まりです。その後も改良が重ねられて1959年には、アメリカで世界初の事務用コピー機が誕生します。なお、この時の商品名が「ゼロックス」だったために、現在でもコピー機は欧米ではゼロックスと呼ばれています。

このコピー機の最大のメリットは、薬品を塗っていない普通の紙を利用できる点です。複写物を長期保管しても劣化が少なく、デジタル式の場合なら大量コピーの時間が短くて済む特徴があります。ただ、光学的な収差が出る場合があるので精密な製図などでは少し問題があることも指摘されています。

現在のコピー機はカラーもデジタルも可能

PPC複写機は、ジアゾ式複写機に比べて遥かに使い勝手がよく、メリットも多いため、多くの企業がゼログラフィの技術を基本としたコピー機の研究・開発に取り組み、現在のコピー機、複写機の主流になりました。基本技術そのものは完成した感がありますが、コピー機そのものは現在も進化を続けており、特にパソコンの普及とともにコピー機も同時並行的に進化して、カラーコピーやデジタル式のコピー機も登場しました。

特にカラーコピーは画期的な進化と呼べるでしょう。現在のカラーコピーは写真にも劣らないほど高品質になっています。また、デジタル式はパソコン周辺機器のスキャナーと同じ原理を使い、より綺麗なコピーを可能としました。このように、コピー機は日夜進化し続け、その利便性によって私たちの生活を潤いのあるものにしてくれているのです。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

今すぐお問い合せで割引特典あり!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.