全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-05-28(木)16:33

コピー機うんちく歴史編(1)

Category:
基礎知識

■コピー機うんちく歴史編(1)

 コピー
現在、当たり前のように私たちの生活にコピー機は欠かせない存在となっています。でも、そんなコピー機はいつ、どのようにして誕生したのか知っていますか。コピー機の歴史を、2回に分けてご紹介していきましょう。

 ●コピー機の起源はワットが開発

世界で初めてコピー機が発明されたのは1779年、蒸気機関の発明で有名なイギリス人発明家のジェームズ・ワットが製作した事務機で、幅広く使われるようになりました。インクが裏まで染み込みやすい薄い紙を使い、その紙から別の紙へ内容を転写する手法を考案しました。当初は、一般的に使用されるためには改良の余地が多かったものの、すぐに実用化の目途がついたため、この発明は20世紀まで使用され続けられる大成功となりました。

●ジアゾ式複写機の登場

現在使われているコピー機の原型となった物は、1951年のドイツで開発されました。「ジアゾ式複写機」と呼ばれるこの機械は、感光紙の性質を生かし、現像液を塗る手間があったため湿った紙になるのが特徴(湿式)でした。また、青い紙が使われることが多かったため、「青焼き」とも呼ばれていました。乾いた紙で複写できるタイプ(乾式)もありましたが、非常に高価だったため業務用として使われるのがメインで、一般的ではありませんでした。
このジアゾ式複写機は、後に登場するPPC複写機と異なり、光学的なプロセスを持たないため、元原稿との相違(光学的な収差など)が非常に少ないというメリットがあります。また、機械の構造的に単純なため、A0やA1といった大判の複写も簡単という特徴があります。反面、感光紙の保管に手間がかかる、現像後の複写紙も光線下では退色が激しいといった弱点もあります。現在では、このジアゾ式複写機は設計図面用のコピー機として重宝されています。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.