全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-01-17(土)12:45

スキャンした後に指定できるファイル形式の特徴とは?

Category:
使い方基礎知識

スキャンした後に指定できるファイル形式の特徴とは?

 

複合機で画像付きのデータや文書をスキャンした後に、変換できるフォーマットは複数用意されています。利用シーンに合わせてそのファイル形式を選ぶことができます。では、どのような特徴があるデータについて、どのような形式のものが合うのでしょうか? それぞれのファイル形式の特徴を見てみましょう。

g001

■スキャンしたデータ、どう活用する?

スキャンしたデータは、そのまま取引先に資料としてEメール添付して送付したり、テキスト部分をコピー&ペーストして文章を抽出したりと、業務効率をアップし、ビジネスコミュニケーションをスムーズにさせてくれます。スキャンできるファイル形式も非常にさまざま用意されており、利用シーンに合わせて指定することができます。

 

■スキャン後に指定できるそれぞれのファイル形式

スキャンした後にデータをどのフォーマットにするかは、使用用途によって変えることができます。例えば、キャノンの複合機であれば、次のファイル形式を指定することができます。それぞれの形式の特徴を知っておきましょう。

 

  • TIFF

カラーモードが白黒2値の場合のみこの形式で保存されます。フルカラーのビットマップ画像で、互換性が高く、CMYKモードで保存できるため、DTPでよく使われる形式です。解像度や色数などの調整が可能です。

 

  • JPEG

カラーモードが白黒2値以外の場合のみこの形式で保存されます。デジタルカメラの保存や、ホームページ上の画像などによく利用されるデータ形式です。圧縮率が高く、比較的小さいデータであるという特徴があります。写真などに適しています。

 

  • PDF

アドビシステム社が無料配布するAcrobat Readerを使えば、簡単に閲覧できる形式で、圧縮率は、元のファイルサイズの10分の1から40分の1程度に可能です。

OCR機能という光学式文字認識機能を使えば、PDF文書内の文字が、テキストデータとして抽出可能になります。

 

スキャンした後は、用途に応じて最適な変換形式を選び、ぜひ業務に役立てたいものですね。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.