起業 事務所開設 独立の方に朗報!業務用コピー機・複合機ならコピー機.com!

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

行列の出来る格安コピー機サイト コピー機.com

コピー機・複合機のお役立ち情報

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン | 会社概要

2014/11/25(火)16:19

コピー機の一括購入とリース・レンタルどちらがいい?

カテゴリー
関連ワード

2014/11/25(火)16:19

コピー機の一括購入とリース・レンタルどちらがいい?

カテゴリー
関連ワード

 

コピー機の一括購入とリース・レンタルどちらがいい?

 

コピー機を自分のオフィスに導入、入れ替えをしたいと思っている場合、どのような懸念事項が考えられるでしょうか。まず、一括でコピー機を購入してしまうか、リース・レンタル契約として導入するのかでは、また大きく変わってくるものです。そこで、コピー機の乗り換えをスムーズにできるリース・レンタルをおすすめします。

 

prod-photo

 

■一括購入とリース・レンタル どちらをとる?

もしコピー機や複合機を導入したい場合、設備にお金を投資するよりも、もっと建設的な方向で契約するのをおすすめします。一括購入より、実際のところリース・レンタルのほうがメリットが大きいといわれています。

ちなみにリース契約とは、自分の代わりにコピー機や複合機をリース会社に購入してもらい、一定の期間に渡ってリース料を支払い続けるというものです。

 

■リース契約のメリットとは?

リース契約のメリットとして、初期費用が無料である点は非常に大きいといえそうです。特に新規オフィスを立ち上げるといった際にコピー機をできるだけ安く導入すれば、他の事業計画に予算を回すことも可能になるでしょう。ただし、リースの支払総額は、一括購入よりも高くなるといわれていることもあるので、よく検討するのをおすすめします。

 

■リースとレンタルとの違いにも気をつけて!

また、リースとレンタルの違いも事前によく知っておくのをおすすめします。例えば、リースとレンタルでは対象物件が異なります。リース契約は自分が選択した商品が対象物件になりますが、レンタル契約の場合、レンタル会社が選択した商品になります。

また、契約期間についてはリース契約は3~6年の長期契約、レンタル契約は短期の1~2年契約になるといわれています。

特に気をつけたいのが、リース契約の場合、中途解約が原則不可であること。レンタルは契約内容によっては可能です。使用頻度が少なく、中古でも問題ないのであればレンタルのほうがお得な場合もあります。

よく条件を確認してから、自分に合ったほうを契約するのをおすすめします。

気軽にカンタンお見積もり・お問い合わせ!

お見積り
お電話

業界最安値に挑戦!納得の価格でご提案!アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お見積り・お問い合わせ
  • シェア
  • ツイート
【基礎知識】の新規記事
コピー機ドットコムでの契約方法No.1 コピー機・複合機のリースの相場や仕組みなどを徹底解説!知らなきゃ損!?リースについて詳しく知る

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

お急ぎの方、まずはお問い合せください!

他社より1円でも高ければご相談を!

フリーダイヤル 0120-601-579
Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.