全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2014-10-15(水)12:12

複合機に付けるフィニッシャーとは?

Category:
基礎知識

複合機に付けるフィニッシャーとは?

 

複合機に取り付ける「フィニッシャー」と呼ばれるオプション機器。インナーフィニッシャーやサドルフィニッシャーなど、いずれもコピー機や複合機をより高機能にさせてくれるものです。今回は、このフィニッシャーについて解説します。

p6_02

■フィニッシャーとは?

ホチキス留めや紙折り、穴あけパンチなど、プリント出力と連携して行うと便利な作業があります。この印刷の後処理を行ってくれるのがフィニッシャーです。

フィニッシャーは、取り付けられる機種が限られていますが、大量印刷に特化したコピー機や複合機には取り付けられる場合が多くなっています。

フィニッシャーは、内部で用紙をパドルで引きこみ、タンパーで紙揃えを行うなどの複雑な仕組みが構築されています。紙折りについては、折りロールと呼ばれるものの先方で一度用紙を止めた後、用紙を送り込んで座屈、膨らませて押し付けるなどの動作によって実現されています。

 

■フィニッシャーの二つの種類

フィニッシャーには、主に二つの種類があります。インナーフィニッシャーとサドルフィニッシャーです。

二つの違いは、インナーはコピー機本体内部の排紙口に付けるもので、サドルのほうはコピー機や複合機の外側に取り付ける大きな機械というとイメージがつきやすいでしょう。

 

インナーフィニッシャーでは、ホチキス留めなどを行うことができます。

一方、サドルフィニッシャーでは、中綴じや中折り、三つ折りなどの紙折りやパンチ穴を開ける、ソートする、カバーシートを付けるなどを行うことができます。

 

インナータイプなら小規模オフィスでも幅を取らないため、気軽に利用することができます。また、コピー機や複合機の設置場所に余裕のあるオフィスでは、ぜひ外付けタイプのサドルフィニッシャーでカタログやパンフレットなどの製作をしてみてはいかがでしょうか。

手作業で行われていたホチキス留めやパンチ穴開け、紙折りなどを自動化して、業務効率を上げましょう。

 

コピー機 フィニッシャー

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.