全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2014-10-07(火)17:23

家庭用複合機と業務用複合機 どう違う?

Category:
基礎知識

家庭用複合機と業務用複合機 どう違う?

 

複合機には、家庭用と業務用があり、それぞれに特徴があります。オフィスでは、この家庭用と業務用、どちらの機器を利用するのがいいのでしょうか? 確かに家庭用と業務用とでは機能の差や、値段の開きがあります。早速、その違いを見てみましょう!

a0002_002730

■家庭用複合機と業務用複合機、機能面ではどう違う?

いわゆる家庭用プリンタの拡張版が、スモールオフィスなどで使用されています。これが家庭用複合機と呼ばれるものです。コピー機に、スキャナやFAX機能を搭載したものといってもいいでしょう。家庭用プリンタのもっとも大きなメリットは、インクジェット式のプリンタであることだといわれています。業務用複合機では実現できない、美しい写真やカラー印刷が実現可能だからです。業務用複合機は基本的にビジネス文書を効率的に印刷することを目的に作られているので、レーザープリンタが選ばれています。

しかし、耐久性の観点からすれば業務用複合機に軍配が上がります。やはり業務用は、いかに効率的に、よりスピーディーに大量印刷できるかが追求されているので、家庭用とは比べ物にならないくらい頑強な作りになっているといわれているのです。

 

マスオ

■コスト面ではどっちがお得?

家庭用複合機と業務用複合機。コストの面からすれば、家庭用複合機のほうが少ない費用で済むと思われているのが実情です。しかし、特にカラー印刷量の多い企業にとっては、複合機のほうが結果的に月額費用が安くなる場合があります。

これは、家庭用の複合機がインク代によってコストがかかるのと比べて、業務用複合機が1枚いくらという定額支払いになるところからきています。業務用複合機のカウンター契約の利点はここにあります。

例えば、業務用複合機でカラー印刷をした場合、1枚当たり20~25円が相場のところ、家庭用複合機の場合はインク費用も含めて65円~80円ほどになるといわれています。

 

機能やコストなどは、自社の印刷枚数、印刷内容、カラーとモノクロの量などを基準にして選ぶのが良さそうです。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.