全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-10-01(木)15:41

失敗したくない!家庭用コピー機の選び方

Category:
使い方

 失敗したくない!家庭用コピー機の選び方

家庭用コピー機の上手な選び方。印刷する頻度、印刷枚数などを考えて印刷速度からコピー機を選ぶ方法。低価格のインクジェット方式のコピー機か高価格のレーザープリンターか。A4対応コピー機かA3対応コピー機にするか。その他の機能を比べてプリンターを選びます。

毎月の印刷枚数を考えよう

家庭用コピー機を選ぶには、まず毎月どれくらい印刷をするのか考えてみましょう。

コピー機はあれば便利だけどそれほど頻繁に使わないという場合もあれば、仕事や勉強などで頻繁に使う場合もあります。

コピーの頻度が多ければ、「印刷速度」が早いものがベストです。カラーよりモノクロの方が印刷速度が早いです。印刷速度が早ければ、次の印刷が早く出てくるので待つ時間が短くなります。

コピー機には印刷方法の違いにより主にインクジェットプリンターとレーザープリンターがあります。
主に家庭用コピー機に普及しているのはインクジェット方式ですが、印刷速度が遅めで本体が低価格です。一方、企業などに普及しているレーザープリンターは印刷速度が早いですが消費電力もかかり、本体が高価格です。

また、コピーの頻度が多い場合、最大給紙枚数(普通紙)が多い方がたくさんの紙を一度にストックできるので便利です。
機能をしっかり調べておこう (用紙のサイズ、カラー・モノクロなど)
まず、コピーする用紙のサイズを考えましょう。家庭用コピー機は最大用紙サイズがA4のものが多く販売されています。もし、頻繁に書籍やノートなどをコピーする場合にはA4見開きでコピーが可能な最大用紙サイズA3対応のコピー機が便利です。A3対応のコピー機やA4対応と比較して高価格で本体サイズも大きくなります。

また、コピー機にはカラー対応コピー機、モノクロ専用コピー機の2通りあります。カラーコピー対応の方がモノクロ専用コピー機よりも高価格です。カラーの頻度がほとんどない、または少ないのであればモノクロ専用コピー機を選びましょう。カラーコピー機ではカラー用のトナー(またはインク)も必要になりますが、モノクロ専用コピー機はトナー(またはインク)もモノクロ専用のみになり、経済的です。

コピー機を選ぶ時に抑えたい機能として、最近では家庭用コピー機にも両面印刷機能を揃えたものも登場しており、一度のスキャンで両面のコピーができて大変便利です。
他に、FAX機能がついているもの、自動原稿送り装置がついているもの、無線LAN接続ができるものなどがあります。使用するシチュエーションを考えて選びましょう。”

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.