全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-01-21(水)17:03

プリント前に確認できる!ジョブホールド機能

Category:
使い方

プリント前に確認できる!ジョブホールド機能

 

みなさんは、普段、ファイルをパソコンからプリントアウトするときに、ホールド機能を使ったことはありますか? 普通、プリントボタンを押せば、すぐさまプリント処理がなされるものですが、このすぐにプリントさせない方法もあるのです。

今回は、ジョブホールド機能の活用方法について紹介します。

prod-photo

■プリント前に確認してからプリントできる機能

キャノンの複合機の中には、プリントアウトするときに、「ホールド」をして一時的に保留にしておくことのできる機能が搭載されているものがあります。

このホールド機能は、プリントなどのジョブを、一度ホールドキューの中に保存しておくことができるというもの。ジョブを実行するには、ホールドジョブリストからジョブを選択して、プリントをかけます。プリントする前に一度、プリントするファイルや枚数を確認することができるので、安心感があります。

 

■ホールドキューに一時的に格納

ホールド指定したファイルが、ホールドキューに格納されるとき、RIPと呼ばれる

「Raster Image Processor処理」が終了している状態です。これは、ドットの情報にラスタライズする処理のことで、この処理を経ることによってプリンタで出力することができます。

ホールドキューへは、ボックス内にあるファイルを直接移動したり、複製したりすることによっても行うことができます。

 

■ジョブホールド機能の活用方法

このように一時的にジョブホールドをしてからプリントアウトするというのは、どのようなシーンで役立つのでしょうか?

ミスプリントは、一枚や二枚のときであれば、そこまでリスクはありませんが、大量印刷の場合は出力用紙やコストに大きな無駄が出てしまいます。例えば、一枚に出力するはずが、二枚になってしまっていたという場合、膨大な量の無駄が出てしまうのです。あらかじめ一枚だけ試しにプリントアウトしておけば、大量印刷がすべてパァになることはなかったはずです。

このように、一度ホールドに入れておくというのは、あらゆる意味で確認を徹底することのできる意味のある行動なのです。

 

複合機の導入をお考えの方は、ホールド機能のある複合機も、ぜひ検討してみてください。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.