全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-01-21(水)16:27

情報共有が簡単にできる「アドバンスドボックス」

Category:
使い方

情報共有が簡単にできる「アドバンスドボックス」

 

複合機で情報共有することはまさにトレンド。多くの企業ですでに行われていることですが、より文書や電子文書についての共有が行われることによって、業務効率化が見込めます。

キャノンの複合機にある「アドバンスドボックス」は、まさにこの情報共有の潮流に合った機能。ちょっとした知識として、どのようなことが行えるのかをチェックしてみてください。

mfxc2280

■アドバンスドボックスって何?

キャノンの複合機でスキャンを行った場合、4つの格納場所の選択肢があります。それは、ボックス、アドバンスドボックス、ネットワーク、メモリーメディアです。

この中で、ボックスとアドバンスドボックスは似ていますが、共有範囲が異なります。ボックス内には、複合機独自のファイル形式でデータを保存することができます。ファイルは必要に応じてプリント、メール送信などができます。

一方、アドバンスドボックスとは、コンピューターでも利用可能なファイル形式を扱う場所で、ボックスと同様に本機に備わっているハードディスクの格納場所です。また、共有スペースと個人スペースに分かれており、共有スペースに格納したファイルはネットワークで共有することができます。他の複合機におけるアドバンスドボックス上のデータにアクセスすることも可能です。

 

■スキャン文書や受信FAXが共有できる!

アドバンスドボックスでは、個人スペースと共有スペースを設定し、それぞれにアクセス制限をかけることができます。アクセス制限を「共有」にすれば、外部公開されるので、コンピューターともファイルのやりとりができるようになります。

複合機からスキャンした文書や、受信したFAXをこのアドバンスドボックスに格納しておけば、コンピューターから閲覧することができますし、必要に応じて出力することもできます。

 

このアドバンスドボックス機能で、サーバーを介さずに直接複合機のハードディスクと情報共有ができてしまいます。活用すれば大いに業務効率化につながることでしょう!

 

 

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.