全国対応のコピー機、複合機の総合サイト【コピー機ドットコム】

東証一部上場(証券コード:9416)株式会社ビジョン

  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • 会社概要
文字サイズ
標準
大

コピー機 複合機 お役立ちガイド

コピー機・複合機の機能や特徴/導入事例/使い方/メーカーに関する情報などなどお役立ち情報満載!

コピー機複合機のことならおまかせ!

2015-01-09(金)18:35

複合機の消費電力を節約したい!どうすればいい?

Category:
使い方

複合機の消費電力を節約したい!どうすればいい?

 

複合機の消費電力については、オフィス向け複合機を製造するメーカー各社から公表されており、節電に関する情報として呼びかけがなされつつ、取り組まれています。

多くの企業において、実際に節電施策が行われる中で、コピー機や複合機というのは比較的大きな電力消費になるため、特に意識して節電する必要があります。そこで、キャノンの複合機の節電方法や一般的な節電方法をご紹介します。

 

■キャノンの複合機の消費電力節約方法

キャノンの複合機を使っていないときは、ぜひ節電モードに切り替えるのをおすすめします。

エコ素材 無料

  • 節電ボタンを押す

節電ボタンを押すと、節電モードに切り替えることができます。節電モードにすると、定着器の温度が下がり、消費電力が少なくなるといわれています。いざ複合機の操作を再スタートする場合には、再び節電ボタンを押すか、操作部の電源スイッチを押します。

どれだけ節電するかの割合を変更することも可能です。「-10%、-25%、-50%、復帰時間なし」から選ぶことができます。

 

  • オートスリープ時刻で自動的にスリープモードに

複合機が一定時間に渡って動作しない場合には、5分~4時間の間で、自動的にスリープ状態にすることができます。また、営業時間外になれば自動的にスリープモードに以降させるなど、時刻を指定してスリープさせる「オートスリープ機能」も節電施策として有効です。

 

■複合機・コピー機の一般的な節電方法

一般的に、複合機やコピー機については、次のような方法で節電をすることができます。使用していないときは、待機電力を抑制するために、主電源を切って、さらにコンセントからプラグを抜いておきます。夜間も人が稼働している場合には、せめて深夜だけでもコンセントを抜いておくといいでしょう。

ただし、コンセントを抜くとFAXが受信できないので、24時間FAXを受け付けいている場合には、省エネモードを利用するのをおすすめします。

 

普段からこまめに省エネモードにするなどして節電を積極的に行いたいものですね。

WEBからお問い合わせ頂くとさらにお値引きが可能!!

お問い合わせ・お見積りはこちら

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあった無駄の無いプランを”業界最安”クラスの価格でご提案致します。アフターサポートやメンテナンスもお任せください!

お電話のお問い合わせ・お見積もり

スピードお見積り・お問い合わせ

お知らせ

コピー機以外にもクリエイティブアーツ向け複合機のプロダクション機も多数お取り扱いしています!
その他複数台の導入がまとめてお得な割引やオフィスセキュリティなどもあり!

Copyright© 2012 Vision Inc.All Rights Reserved.